スポンサーサイト

  • 2014.10.02 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    kuruma

    • 2012.05.10 Thursday
    • 12:15

     


    月曜にバナナ食べながら運転してたんだけど、バナナに夢中になりすぎて道路の端っこにぶつかってタイヤパンクしちゃった。


    今日なんだけど、水曜にいろいっろありました。


    まず今日のお昼に学校の近くで大事故あってうちの学年の子が2名亡くなりました。一人は腰が外れたとか。
    この時点では誰とか、何が起こったとか何も分かりません。


    それで友達と帰ってた帰り道にも私たちが事故りました。
    信号は黄色だったから普通に友達はまっすぐ通りましたが、軽のトラックが急に出てきてぶつかったと。そのあと軽のトラックはもう2台にぶつかりました。
    結局みんな無事だったし、友達も全く悪くないって言われたから良かった。
    でも友達のお母さん昨日退院したばっかだから可哀想。。

    友達から亡くなった人の名前聞いたんだけど、1人だけ多分知り合いで緊張したものの、今さっき誰だったのか調べて結局クラスの人でした。
    ソーシャルダンスの授業で一緒で、面白ろかったし、本当にいい人で、一緒にタンゴ踊ったけど普通にうまかったです。
    がたいいいから絶対にありえないって思ってたけどまじ残念。
    これから本当に寂しくなるな。

    おばあちゃんがニュースみてて分かってた事はなんか、友達が乗ってた車の前に急にJeepが同じレーンに入ってきてぶつかりそーだったからそったんだけど反りすぎて色々なったんだと。
    kslってゆーニュースサイトで記事の写真をみたら血もあってまじ怖かった。
    http://www.ksl.com/?nid=148&sid=20337729&title=classmates-mourn-2-killed-in-car-accident-near-hunter-high&s_cid=featured-3


    そんな感じで入学して以来うちの知ってる限り5人も死亡してしまいました。

    アメリカ怖いですね。

    安全運転を心がけましょう。
    Dont Drive Stupid.

    the man who became a millionare at age 19 (China)

    • 2012.02.15 Wednesday
    • 07:05

    Page 1 


        Started going to work while going to school at age 14, and made a business at 18. Today, he is running an advertising business and so on which more than 1000 artists and models belong, and also builds many close relations with stars. Although when he is negotiating, he seems like one sucessfull boss, but if you see site of him running in the school yard in his regular clothes, he is just another student.



     ■Getting Drunk in Elementary School

        His name is Mr. 丁 仕源 (Chou Shigen). He is 21 years old, a Shenzhen Institute of Information Technology student and manager. In China, while people whom were born between the 70's and 80's are creating busines after business and suceeding, Mr. Chou is an entrepreneur who will represent the people whom was born in the 90's. 

        He was born and raised into a wealthy family in 1990. When he was a child, he could not be controled; He drank heavily through out the night at a bar the day he graduated from elementary school.

        However, When his older brother heard of it, with out merci he hit him and strictly scolded him. Mr. Chou said that that woke him up to seriously think about the rest of his life.

        Since he was little, he had interest in popular fashin and media, he started to think he wanted to grope around in the feild.



    Page 2

    ■Applying for a fashin journalist and being hired at age 14




        
     

    2012

    • 2012.01.03 Tuesday
    • 12:56

    2012になったぞー

    って事で反省。

    まず2011頑張ったけど8割程度の力でした。
    あとお金の無駄も沢山しました。
    そもそも2011の実感は全くなかったw
    リアルに学校のプリントに意識しないで2010って何回書いて提出したんだろ∵
    勉強も今一だったかなー

    って事で抱負。

    学校での化粧をもっと薄くするw
    早寝早起き
    貯金
    日本に遊びに行く
    恋するw
    勉強
    感謝
    健康
    枝毛削減


    こんな感じでいいやー

    Nnamdi's story

    • 2011.12.11 Sunday
    • 12:59
     Hi, I'm Nnamdi

    (I like to think I am my own man. I march to the drum of no one other than God. I'm a Mormon.)





    About Me

    I was born in Eastern Nigeria, but now live in Georgia, USA. I am a full-time sculptor, and find that my passion is in sculpting monumental pieces which portray the nobility of the human spirit. I am married and have three children. I find the most joy in the simple things of life, such as in music, nature, family, friends, art-he did the women schulpturies in the picture above-, and in sharing that joy with others.

    Why I am a Mormon

    It is a series of miraculous events that brought me in contact with the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints. While in my country of birth, Nigeria, I fervently asked God in prayer many times to help me fulfill my dream of coming to the United States. Unfortunately, my parents were of very little means, and my father passed away when I was only 12 years of age, leaving my school-teacher mother to fend for me and my two brothers. Furthermore, everyone I knew had that same dream, making it extremely difficult for anyone to receive a visa. We used to say "it is easier for a camel to pass through the eye of a needle than for one to get a visa to go to America."

    Then I grew to be 6'9", and because of my height, I was introduced to basketball. Although discouraged by others because of my late start I started playing at the age of 17, I persisted with confidence because I saw basketball as an avenue in coming to America.

    Against all these obstacles, I realized that it would take a miracle to achieve my ambitions. I thought in terms of miracles then because my mother taught us to pray, and from my meager efforts at praying I had received a testimony that God answered prayers. Knowing this and realizing that I could not rely on any sort of earthly resource, I looked to God only.

    My prayers and efforts, at first, did not seem to produce any desired results. But then, it occurred to me that to be more sure of God's help, I needed to realign my mindset to be more in line with God's purposes. I felt that the way to do this was to sincerely desire and pray to be led to a place where I would not only play basketball but also learn and grow in the knowledge of Him. This pleased me very much, and believing that this sincere desire for spiritual growth would please God too, my faith that He would answer my prayers grew stronger.

    A little while later, seemingly out of nowhere, I received a letter from Brigham Young University in Hawaii BYU expressing their interest in recruiting me to play basketball, and I felt that this letter was a direct answer to my prayers. It was later, about a year after I arrived in Hawaii, that I learned that it was a friend of a friend who had contacted the basketball coach at BYU on my behalf.





    Eventually, I received the necessary forms from BYU to get a visa from the American Embassy. The forms, however, arrived late and were expired, but to show my faith, I felt that I needed to prepare as if I was sure to get a visa anyway. I began making all the necessary preparations, which even included buying a plane ticket to Hawaii. Then, I went to the embassy with the expired documents.

    To my dismay, I was rejected, and also my passport was stamped with a date. This dated stamp prevents anyone from returning to the embassy for six months once they have been rejected.

    Yet I still had an unusually peaceful feeling leaving the embassy that day I thought I would be devastated, but I wasn't. The confidence I still had from praying baffled my friends who thought I was crazy to still believe that I would be able to get a visa with my stamped passport and expired documents. A few days later, I decided to go to the only other U.S. Embassy located about 400 miles from my home. Being inspired by the story of Lot in the Old Testament of how God blinded the men of Sodom and Gomorrah, I began to pray that the officials at this distant embassy would not see the stamp on my passport, or notice the expired dates on my documents.

    Looking back, the next few days were extremely difficult, but in the end I learned that it is a very difficult road that leads to the realization of some of our most cherished desires. My prayers were answered that day on January 17, 1989, and I miraculously received my visa to travel to America.

    To this day the significance of what God did for me continues to increase, and I find myself, whenever my faith waivers, going back to that experience to draw strength and reassurance that there is a God who answers the heartfelt prayers of His children.

    Against this background, and coupled with the shining examples of the close friends I made in those first few months in Hawaii, who were members of the church, it was easier for me to take seriously the challenge that the missionaries of the Church issued to me to study the Book of Mormon, and then ask God if its message was from Him or not. I did, and got my answer, and made the decision to join the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints.

    On a side note, I would not have been able to purchase the plane ticket to Hawaii if not for my younger, hard-working brother, Onyebuchi. Unfortunately, he passed away 11 months after my arrival in Hawaii, and it was very difficult for me to deal with his death, but God knows all and allows things to happen for a special purpose in Him.

    How I live my faith

    I have had many opportunities to serve in the church. Although I have fallen short in many instances, I have always tried to do my best because I have a strong conviction that it is not man that I serve, but God Himself.

    My spiritual philosophy is that my faith must be exemplified and given form in everything I do, especially in my relationships with others. I also know that one of the most important ways I can live my faith is through my life's work. I have been blessed with a talent in art, and I strongly believe that in and through this talent will my spiritual convictions also be expressed.

    much thanks to
    http://mormon.org/me/3D6F/?CID=50135


    this made me happy and feel weak i want to be stronger
    ps-訳して、その内載せます

    2010.12.17 17:52

    • 2011.06.03 Friday
    • 17:14
    レイプ魔に勝ったエリザベスちゃん 有罪勝ち取るため堂々と証言 http://sankei.jp.msn.com/world/news/110112/amr11011223360054-n1.htm 2010.12.17 17:52 8年前の誘拐事件で、自ら証言に立って犯人の有罪を勝ち取り、笑顔を見せる被害者のエリザベス・スマートさん=10日、ソルトレークシティーの連邦地裁前(AP)  米ユタ州で8年前、14歳の少女が9カ月にわたり監禁され、暴行を受けた事件で、誘拐などの罪に問われた男に有罪の評決が下された。男は妄想にとりつかれた心神耗弱の様子を貫き、裁判を免れそうになった。23歳となった被害者の女性が、この男から受けた辱めを証言し、正体を暴いた。 2002年6月5日未明、ユタ州ソルトレークシティーに住む14歳のエリザベス・スマートちゃんが自宅の寝室から何者かに連れ去られた。両親は在宅しており、同じ寝室には5歳年下の妹がいた。03年3月12日、エリザベスちゃんはソルトレークシティー南郊で発見された。  一緒にいた中年の男女が、誘拐などの疑いで逮捕された。ブライアン・ミッチェル被告(57)と、戸籍上の妻、ワンダ・バージー服役囚(64)だった寝室から誘拐  ミッチェル被告らはただちに起訴された。だが、精神鑑定の結果、2人は心神耗弱の状態にあり、裁判は延期されることになった。ミッチェル被告は、神の思し召しによって多妻を許されており、エリザベスちゃんを「2番目の妻」だというのである。2度目の鑑定でも同じ結果だった。昨年、州の裁判所から連邦地裁に舞台を移し、裁判が可能かどうかの審理が改めて行われた。 この審理では、被害者のエリザベスさんが自ら証言した。21歳になっていた。14歳のエリザベスちゃんはのどにナイフを突きつけられ、「おまえと家族を殺す」と脅され、さらわれた。ユタ州の山の麓のホームレスのためのキャンプや、カリフォルニア州のアパートで監禁された。ワイヤで木につながれ、「動物のように扱われた」。2人の性行為を見せられ、1日に何度もレイプされた。  ミッチェル被告は「路上説教師」を自称していた。エリザベスさんは「彼にとって宗教は、セックスを手に入れ、金や食事を手に入れるための手段に過ぎない」と指弾。「心神耗弱のふりをしているだけ。計算高く、巧みに人を操る」と証言した。 8年後、法廷で対決  被害者の1時間40分に及ぶ証言には説得力があった。事件から8年あまり、ミッチェル被告は「誘拐罪」と「違法な性行為のために未成年を別の州に連れて行った罪」に問われ、裁判は先月1日に始まった。  バージー服役囚の方は昨年、裁判可能と判断され、検察との司法取引に応じて、ミッチェル被告と同じ罪で有罪を認めた。15年の刑で服役している。  AP通信によると、今回の1カ月余りの裁判の最中、ミッチェル被告は終始無言で、自分の弁護士とも口を利かなかった。時折、大声で賛美歌を歌い、控室に連れ出された。エリザベスさんは1年余り前と同じ内容の証言を行った。 「勇気と固い決意」  今月10日、男性7人、女性5人からなる陪審は5時間の協議の末、有罪の評決を下した。量刑言い渡しは来年になるが、2つの罪はそれぞれ、単独で終身刑となりうるものだ。  エリザベスさんは有罪の評決を聞くと笑顔を見せ、「この裁判は、米国に正義があること、また、ひどい体験をしても前進が可能であることを示したと思う」と、報道陣に語った。  エリザベスさんは、ソルトレークシティーに本部のあるモルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)の活動でフランスに滞在しており、一時帰国していた。  エリザベスちゃんが誘拐された当初は、父母の関係もぎくしゃくしたそうだが、エリザベスちゃん発見後は、ミッチェル被告の有罪を勝ち取るために、一家は団結したという。担当の連邦検事は「エリザベスさんの勇気と固い決意が、この物語の結末を導いたのだ」と語った。(編集委員 内畠嗣雅 SANKEI EXPRESS) -------------------------------------------------------------------------------------------------------- フランスでは伝道したんだよ^^ 彼女はホント偉大だよ。強い女性だだよ。 今は自分の身を守れるように子供のうちから教育するための方針も進めてるし、いつかそのような学校も建てられるように勉強してるんだって! あんな苦しい経験をした後に伝道に出る決意をしたのは本当に大変だったと思う。 神様の証も強かっただろうし、愛も大きかったと思う。 she is so strong

    --

    • 2011.05.25 Wednesday
    • 09:38
     嬉しいね

    母の愛

    • 2011.03.24 Thursday
    • 12:08
     彼女の愛は偉大です。
    2011.3.24 08:30 (1/2ページ)
    【東日本大震災】小さな命が息づくおなかをさする佐藤弘子さん=3月20日、宮城県名取市(共同)

    クリックして拡大する

    【東日本大震災】小さな命が息づくおなかをさする佐藤弘子さん=3月20日、宮城県名取市(共同)

     凍るような水の中を懸命に泳いだ。「絶対に生きる」。宮城県名取市の主婦、佐藤弘子さん(31)は、小さな命が息づくおなかを丁寧にさすりながら語り始めた。孫の誕生を楽しみにしていた父の行方は分からない。「助けられた命。大切にしたい」。涙をこらえ、前を向く。

    避難の車に津波が

     11日午後3時すぎ。余震を恐れ、自宅を車で出発した。目的地は阿武隈川を越えた亘(わた)理(り)町の実家。弟夫婦の片岡拓郎さん(28)、千春さん(27)、その長男の謙介君(4)、長女の彩乃ちゃん(2)も一緒だった。

     普段通る道は大きくゆがみ、通れない。仕方なく海岸沿いの道を進んだ。防災無線は聞こえなかった。「津波」は頭の隅にもなかった。

     橋に差しかかったときだった。「津波だ」。遅かった。5人を乗せた車は、浮かんだまま流された。

     足元に冷たい水がゆっくりと入り込む。「怖いよ」「嫌だよ」。幼い2人が泣き叫ぶ。「このままでは死ぬ」。サンルーフからはい上がった。車は見る見る沈む。2人を抱えて目の前に浮く廃材の固まりに乗り移った。

    1枚の畳に

     いてつく海水の中。なすすべもない。どれくらいたっただろうか、1枚の畳が流れ着いた。100メートルほど先に建物が見える。「あそこに逃げよう」。畳に千春さんと子供たちを乗せ、拓郎さんと2人、泳ぎながら畳を押し進めた
    だが、引き波に阻まれ、思うように動けない。子供たちの意識が遠のき始めた。「謙介、彩乃、寝たら死ぬぞ。起きろ」。冷たく固まった体を揺さぶった。たたいた。暗闇に雪が舞う。もがき続けた。

     建物にたどり着き、救助のボートがやって来たのは何時間も後。水浸しの廃虚の中で、意識を失った。

     搬送された病院の判断は「母子ともに危険」。緊急帝王切開の準備が進められたが、奇跡的に回復。おなかの赤ちゃんも元気に動いている。弟一家と、仕事に出ていた夫も一命は取り留めた。

     出産予定日は6月18日。「よく頑張ったね」とおなかに語り掛ける。どんな逆境にも負けないよう、この日のことを大きくなったら教えたい。

     孫の誕生を誰よりも心待ちにしていた弘子さんの父、片岡哲さん(59)の行方は分からない。「父はこの子に絶対に会える。そう信じて、元気な赤ちゃんを産んで帰りを待ち続けます」

    ニュージーランド地震

    • 2011.02.26 Saturday
    • 14:38
     ■ 続く余震

     体に感じる余震も断続的に続く中、日本政府が派遣する国際緊急援助隊は24日早朝に現地へ入った。「JAPAN」の帽子にオレンジを主体とした作業着姿の63人は空港に到着すると、黙々と荷物をバスに詰め込み、被災地へ向かった。

     隊員の半分は到着後すぐに、富山市立富山外国語専門学校の生徒らが閉じこめられている語学学校「キングズ・エデュケーション」が入るCTVビルの倒壊現場へ。二酸化炭素の呼気や心拍数を感知する人命探査装置なども持ち込み、救助活動を展開した。

     しかし、現地の警察当局によると朝から複数の遺体が運び出され、同日だけで23人の遺体を確認。これまでと合わせビル内の死者は47人に上った。警察当局は国籍や年齢を発表せず、広報担当者は「多くが若者だった」と語るにとどめた。

     ビル付近では、余震で外壁が倒壊する2次被害の恐れがあるため、メディアの取材も厳しく規制される。報道陣に、同援助隊の片田佳弘副団長が午前と夕方の2度にわたり救助活動の様子を説明した。

     「重機を入れて、コンクリートの支柱や壁をはいだ下に数名の遺体があった。遺体は重なりみつかった。逃げる暇もなかったのだろう」。夕方の会見で片田副団長は、遺体が発見された状況を厳しい表情でこう語った。

    日本人留学生が閉じ込められている現場で救出作業する日本ら各国の国際緊急援助隊 =24日(現地時間)ニュージーランドのクライストチャーチ(緑川真実 撮影)

     がれきの下からは現在も白煙が上がり、片田副団長は「外壁や屋上のコンクリートがどさっと落ちている状態。周辺の地域に比べて局地的に被害がひどい印象を受けた」と明かした。

     ■「痛ましい事態」

     同ビルでは100人以上が被害にあっているとみられる。同援助隊は現地時間の24日午後5時半ごろから、サイレンを1分間鳴らした後、3〜5分間一斉に重機を止めて反応を探る「サイレントタイム」を実施するなど、人命救助を目指している。

     ビル内に多くの日本人が閉じこめられたことは、地元メディアにも大きく伝えられている。テレビやラジオで番組を提供する「メディアワークス」は、同校の若い生徒らが、19日の入国からわずか数日で被災した経緯などを紹介。日本メディアが連日トップニュースで報じていることも紹介し、「痛ましい事態だ」などと報じている。

     安否不明の日本人生徒の捜索は、「72時間の壁」との厳しい戦いとなる。当局によると、現時点でがれきの中から音が聞こえるなど、救出を求めるサインは確認されていない。しかし、「生存者がいる前提で救助活動にあたる」と現地入りした援助隊員たちの救助作業は夜通し続いた。
    (クライストチャーチ 杉村奈々子、林佳代子)

    救助犬を連れて倒壊したCTVビルに向かう日本の国際緊急援助隊員 =24日、ニュージーランド・クライストチャーチ(AP)


     ビル倒壊現場から、右脚を切断する手術を受け救出された市立富山外国語専門学校1年の奥田建人さん(19)が24日、病室でインタビューに応じた。「家族らに『生きてます』と伝えたい」と話し、がれきの下敷きになってから救出されるまでの状況を証言した。

     3週間の語学研修でクライストチャーチを訪れていた奥田さんは22日昼、仲間とビル4階のカフェテリアにいた。サンドイッチを食べていたとき、突然強い揺れに襲われた。

     揺れはどんどん強くなる。「やばくない?」。級友と話していると、床ごと落下。気が付くと周囲は真っ暗で、体はがれきの下敷きになっていた。右脚に強い痛みを感じ、ほこりで息が苦しかった。「助けて」「息ができない」。近くに何人も同じ学校の仲間がいた。「落ち着こう」「体力を温存しようと」と励まし合い、じっとして動かないように努めた。

     携帯電話で富山にいる兄(23)に助けを求めた。兄から日本の警察や外務省に連絡が伝わったらしく、しばらくしてクライストチャーチの警察から電話がかかってきた。そばで同様に閉じ込められていた富山外国語専門学校教員の亀遊(きゆう)知子さん(43)が通話を代わり、英語で場所や状況を説明。このころ、地震発生から既に10時間ほどたっていた。

     それから約2時間。駆け付けた救助隊ががれきを取り除き始めた。「助かったよ」。級友たちの声が次々に聞こえる。自分を助け出そうとした隊員が英語で「脚を切るぞ」と言った。

     「生きていられるだけでいい」。つらかったが、自らにそう言い聞かせた。麻酔で意識が途切れた。目が覚めると、病院の手術室だった。強烈な光に目がくらみ、再び意識が遠のいた。

     今回の語学研修が、初めての海外渡航だった。「こんなことがあったけど、またいろいろな国に行きたいし、英語を使う仕事に就きたい」とベッドの上で笑顔を見せた。(共同)

    病室で、救出されるまでの状況について話す富山外国語専門学校の奥田建人さん =24日朝、ニュージーランド・クライストチャーチ(共同)

    日本人の語学学校生徒らが多数行方不明となったCTVビルの倒壊現場で、救助活動を行う日本の国際緊急援助隊の隊員ら =24日、ニュージーランド・クライストチャーチ(国際緊急援助隊提供)

    ビル崩壊現場では、夜を徹しての救出作業が行われている =24日夜(現地時間)ニュージーランドのクライストチャーチ(緑川真実 撮影)

    ニュージーランドから帰国した日本人旅行者が撮影した地震直後の被災者ら =22日、ニュージーランド・クライストチャーチ(読者提供)



    何かまたいつかこの記事読みたくなると思ったからコピペした・・・

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    TIME

    FOR VISITORS

    訪問あざす★               せっかく読んでくれるんでしたらコメントお願いします*”          跡を残してください。    thankxoxo hige0macho.jugem.jp/trackback/66

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM